結婚式ゲストに相応しいスーツとは

結婚式のゲストとしてのスーツを考える

結婚式にはそれなりの格好で出席するもの

普段はスーツを着ないという人でも、結婚式にはそれなりの格好で出席しなければならないでしょう。きちんとしたスーツで出席したい、パーティーらしいお洒落なスーツで決めたい。そんな方にはレンタルもおすすめです。

男性は準礼装・略礼装が基本でしょう。準礼装でしたら、ディレクターズスーツの着用になります。略礼装はブラックフォーマルスーツですので、準礼装の方が格上で、ディレクターズスーツは、主賓や上司など改まった立場のゲストの着用に最適です。

略礼装のブラックフォーマルスーツはご存知の通り、日本なら誰でも通用する礼装になりますので、すべてのゲストにおすすめします。昼間の略礼装として、他にも着用できるスーツとすれば、濃紺、チャコールグレーなどのダーク系無地スーツでスリーピースにすると良いでしょう。ネクタイの色とハンカチでメリハリをつければ、かなりお洒落な印象になります。

年代別におすすめのスーツがある

結婚式や結婚披露宴のゲストとして、相応しいスーツとはどのようなものでしょうか。年代で違ってきそうです。

若い年代のゲストであれば、友人の結婚式や結婚披露宴であれば、あえて黒以外の色を選んだ方が若々しさを感じるのではないでしょうか。この頃は人気も出てきている、ビジネススーツではない、濃い紺かグレーのスーツなら失礼にはなりませんから。

中にジレを着用してスリーピースにすれば、渋くてお洒落な雰囲気を演出できるでしょう。ジレはリバーシブルタイプにしておけば、二次会で裏面の柄や色でのアレンジが効きますから、おすすめアイテムとして用意することをおすすめします。

気をつけたいのは、あえてダーク系スーツにするとはいえ、黒以外の色にしたのであれば、目立つストライプのものなどは避けたいものです。もちろん、ブラックフォーマルスーツでも問題はありませんので、そちらの選択もありでしょう。どちらかといえば、30代後半から40代以降の年代にそちらはおすすめします。