オーダーシャツのポイント③色・柄

着こなしがしやすく印象が良くなる色・柄のシャツが良い

白のほか淡い色がおすすめ

オーダーシャツを作るときには、色や柄で迷ってしまうことも多いと思います。シャツで最も着る機会が多いのは、やはり白シャツでしょう。白のシャツはどんな場面でも着ることができますから、必ず何枚か用意しておくべきです。オーダーシャツを初めて作るときに、白い無地のシャツを選ぶのでも良いでしょう。ビジネスシーンでは、淡いブルーのシャツもおすすめです。ブルーのシャツはさわやかな印象になり、着こなしもしやすくなっています。優しい印象にしたいなら、淡いピンクのシャツも良いでしょう。ピンクのシャツは、パーティーなどでも着られます。そのほか、淡いイエローのシャツなども、コーディネートしやすいと思います。シャツを着るときには、スーツやネクタイとの相性も考えなければなりません。オーダーシャツを作るときにも、手持ちのスーツに合わせやすい色を選んでおくと良いでしょう。

ビジネスシーンでは無地やストライプを

オーダーシャツの柄で迷ったら、とりあえず無地にしておくという方法もあります。柄物のシャツを選ぶと、スーツやネクタイと合わせにくいことがあります。特に、ビジネスシーンでは無地のシャツは大活躍しますから、オーダーシャツで何枚か作っておくと役立ちます。シャツの柄ではストライプが人気ですが、オーダーシャツを作る場合にも、ストライプを選ぶのも良いと思います。ストライプ柄には、ペンシルストライプ、ヘアラインストライプ、オルタネイトストライプ、ダブルストライプ、トリプルストライプ、ブロックスストライプなどたくさんの種類があります。線の太いものはカジュアルな印象になるので、ビジネスシーンでは線が細いものの方が無難です。シャツの柄にはチェックもありますが、チェックは基本的にカジュアルシーン向きです。また、ドット柄などもカジュアルですが、おしゃれなシャツになります。