オーダーシャツのポイント①サイズ

身体の隅々までフィットするのがいちばん

既製品のシャツはどこかが合っていない

オーダーシャツの魅力は、何より自分の身体にピッタリフィットしたものを作ることができるという点です。普段、既製品のシャツを買っている人の中には、肩幅に合わせると袖が短くなってしまう、首まわりに合わせると全体がぶかぶかになってしまうなどの悩みを抱えている人も多いと思います。既製品のシャツはやはり標準体型を基準に作られていますから、誰にでも合うわけではないのです。たいていの人が、どこか妥協してシャツを選んでいるのではないでしょうか?また、標準体型とは言い難い人は、身体に合うシャツを探すこと自体が難しいということも多いはずです。オーダーシャツを作るなら、首まわり、肩幅、袖丈、着丈、カフスまわりなどを全て自分に合わせて調整することができます。隅々まで身体に合うシャツを一度着たら、もう他のシャツは着られなくなるということもあります。サイズが合っているということは、着心地において非常に重要なことなのです。

採寸から始めよう

オーダーシャツを作る場合には、まず採寸を行います。フルオーダーのシャツを作る場合には、テーラーに行って採寸してもらいます。そして、専用の型紙を作ってもらった上で、シャツを仕立ててもらいます。なお、フルオーダーでは仮縫いも行いますから、後でサイズの微調整も可能になっています。身体に合わせてシャツを作ると言っても、タイトな感じが好きなのか、ゆったりとした感じが好きなのかによってもデザインは変わってきますから、自分好みに調整ができるフルオーダーは魅力です。フルオーダーではテーラーに採寸してもらえますが、パターンオーダーのシャツをネットでオーダーする場合には、自分で採寸を行わなければなりません。自分で測りにくいところは、既に持っているシャツを参考にすると良いでしょう。自分のサイズがわかれば、それを入力してシャツを簡単にオーダーすることができます。